ハカセの実験ノート
ハカセが日々のできごとを記録しているブログです. たまにサイエンスな内容を書いたり,たまにどうでもいい話をしたり.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
未来へのメッセージ
たまには科学技術に関連する話題でも書いてみよう.
今回は”データ保存”のお話.
何か漠然としたテーマかもしれない.
一番確実なデータの保存方法を,例え話で書いてみた.

とある学校の卒業式,タイムカプセルにメッセージを入れることになりました.

放送部のA君,DVDでメッセージを録画しました.
写真部のBさん,デジカメで写真を撮ってプリントしました.
書道部のCさん,和紙に墨で手紙を書きました.
美術部のD君,石板に自画像を彫りました.

さて50年後,みんなでタイムカプセルを掘り出してみると….


A君:あぁオレ,DVDに録画したんだった.
   やっぱり最先端のDVDで撮るあたり,オレってイケてたね.
   あれ,今ってこのDVD再生できるデッキ,売ってたっけ!?
   やばい,この規格もう無いから見れないよ!!

Bさん:A君残念ねぇ.
    私は写真だったから,ほら…ってボロボロじゃない!!
    インクが劣化して,紙も腐ってるわ!!
    何が写ってたか全然分からない….

Cさん:あらあら.
    私は手紙だったから,ちゃんと残ってるわよ.
    あっ!!途中から虫に食われてる!!
    この続きは一体何が書いてあったの!?

D君:ボクの石板,ちゃんと残ってた!
   あぁそういえば,こんな髪型にしてたっけな.

この話,つまりデータを残すポイントは二つ.
 ①未来に読むことができるのか?
 ②未来まで残っているのか?


元々ハカセが聞いたのは,文明崩壊の例え話だった.
確かに,何万年も前の人類が描いた絵が,洞窟で見つかることもある.
そんな昔の人類を知る人も,当時の文字が読める人も,現代には居ない.
しかし洞窟の絵は,
という丈夫な保存媒体
というシンプルな保存方法

を用いた,つまり①と②の条件を満たしたデータ保存法なのだ.
だから今,我々がそれを見ることができて,絵から当時の生活も分かる.

何か残したいデータがあれば,石に彫ることをオススメしますよ.
できれば文字よりも絵の方がいいですね.
以上,データ保存についてのお話.
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zikkennote.blog4.fc2.com/tb.php/88-ee085459
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。