ハカセの実験ノート
ハカセが日々のできごとを記録しているブログです. たまにサイエンスな内容を書いたり,たまにどうでもいい話をしたり.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
本番(日曜日)
大分前の話になってしまったけど,続きを.

土曜日の風邪気味から一転,何とか復帰.
朝は6時過ぎに起床し,7時にはホテルを出発.
こんな時間に起きるのは久しぶりだ….

楽団のメンバーほぼ全員が電車移動.
いつもは利用者が少なさそうな駅で一斉下車.
地元の人に不思議そうな顔で見られてた.

公民館でリハーサル後,今度は一路ホールへ.
今回は駐車場が無いため,楽器を担いでの移動.
本番前のいい運動.
(息も絶え絶えな方も居ましたが…)

集合時間に余裕を持ってホールに到着.
071104_nagano.jpg
なかなか綺麗なホール.
ホールから見た中庭も綺麗.
071104_nagano2.jpg
病み上がりでもあるので,到着後はロビーでまったり過ごす.

タイムテーブルが始まり,チューニングとリハーサル.
風邪の影響なのか,頭ぼんやり,でもやや緊張.
よく分からないテンションのまま舞台に上がる.
予想以上に客席が広く,舞台から遠い印象.
ばたばたと慌しくセッティングし,本番へ,

思ったよりも吹きやすい.
デッドなホールだという話だったが,そんなことはない.
問題はハカセ自身のコンディション.
微妙なコントロールができず,1曲目は静かな部分で少し脱落….
それでも冷静に全体を聴くことができていた.

2曲目,あちこちで演奏に事故が発生しているのが分かる.
それでもひたすら突き進む.
事故もミスも振り返る暇もなく,突っ走っていく印象.
”ちゃんと聴衆はついてきているのだろうか?”
途中でそういうことも考えてた.
でも曲の後半になったら,頭のネジが飛び始めた.
もう”行ってしまえっ!”という勢い.

吹ききった後,客席からの物凄い拍手.
そしてブラボーの歓声.


なかなか拍手が鳴り止まない.


こんなのは今まで経験したことが無い.
技術力,完成度で行けば事故多発.
しかしそれ以外の何かを伝えることができたのだと感じた.
熱演をしたんだ,と後からじわじわ実感が湧いてきた.

結果は.
071104_trophy.jpg
トップ!
聴衆の熱い反応に対して,審査員はどう見ているか心配だった.
しかし開けてみれば,評価は高かった.

今回の演奏では,たくさんのものを得た.
演奏することに対して,考えることも多い.
審査員の相対評価は高かったが,絶対評価は低かった点も忘れてはならない.

それでも,熱演を演じることができたのは確かだと思っている.
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zikkennote.blog4.fc2.com/tb.php/541-8dc289cf
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。