ハカセの実験ノート
ハカセが日々のできごとを記録しているブログです. たまにサイエンスな内容を書いたり,たまにどうでもいい話をしたり.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
無重力体験
ハカセ,無重力を体験してきました.

実験場所は名古屋空港.
実験はダイアモンドエアサービスという会社の協力を得る.
無重力飛行や,その他特殊な航空業務を行っている会社.

無重力,厳密には微小重力というのだけど.
これは飛行機を使ったパラボリックフライトという方法で体験できる.
無重力を作る原理
ボールを投げる要領で,飛行機を上昇させてから降下.
弾道飛行の最中に微小重力になる.
だから飛行機の上昇中にはまず2G(地上の2倍の重力)になる.
それから一気に微小重力の0Gへと変化する.
時間の制約があるので,1回のフライトで8回くらいのパラボリックフライトができる.
(あとは体力的な問題もあるのかな?)

071009_mu300.jpg
実験に使った小型飛行機,MU-300.
名古屋空港を飛び立ち,実験空域まで緊張の30分.
空域に到着すると,すぐに実験開始.
まず2Gの世界に突入する.

この2G,”たかだか重力の2倍”と思っていたのが間違いだったorz
ものすごい力!
体中が重い.
重い荷物を背負っている感覚とも違う.
体中がまんべんなく重い.
さらに血液が足元に下がって,脳に血が行かない感覚.
気合を入れないと呼吸もできない.
”くる…し…い……”
と我慢すること約10秒,次は一気に0Gへ突入.


”うお…”


三半規管が体験したことのない領域に突入したため,体がびっくり.
落ちる,という感覚のさらに先を行く感じだ.
”え!?え!?!?そんなとこまでいくの!!”
という体の反応を感じる.
0Gの時間は15秒程度.
さすがに初回はびっくりやら緊張やらで終了.

2回目からは簡単な実験をしてみた.
071010_parabolic.jpg
宙に浮くペットボトル.
中に入れておいた水がプルンプルンしてる!
すごいすごい!!
(ちなみにメインの実験はもう一人が担当.ハカセはアシストだけだったので,こういう実験ができた)

飛んでいかないように紐を付けることが義務付けられている.
ちなみに青い紙はエチケット袋.
人によっては激しく酔うらしい….

慣れてくると2Gも0Gも楽しい.
楽しいけどそうそう経験できることではない.
だから0Gの感覚をしっかり三半規管に焼き付けた.

そうしているうちに実験終了.
メインの実験も成功.
ハカセの水入りペットボトルについても色々な動画を撮影できた.

帰還して,ミーティングに参加.
それから控え室で一息つこうとしたら頭がふらふらする.
緊張が緩んだのか,急にめまいがきたようだ.

というわけで,ハカセの体を張った初無重力体験は無事終了.
想像とは違ってものすごく楽しめた経験だった.
この日は夜まで興奮してたし!
もしまた実験の機会があれば乗ってみたい!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
界王拳使えるようになった??笑
2007/10/13(土) 13:19:36 | URL | Toる #gO76AIQw[ 編集]
いや,まだ道は険しい….
ゲーム中の戦闘機の急旋回なども,実際には簡単にできないはずだと痛感したよ.
2007/10/14(日) 23:43:32 | URL | ハカセ #Ol1eGJ4Y[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zikkennote.blog4.fc2.com/tb.php/530-00c10543
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。