ハカセの実験ノート
ハカセが日々のできごとを記録しているブログです. たまにサイエンスな内容を書いたり,たまにどうでもいい話をしたり.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
小さい本番
今日はアンサンブルの本番.
細々と練習してきた成果を団内で発表する.
演奏は夜の楽団練習後なので,昼から集まって練習を.

練習回数は少ないが,何とか形にしたい.
ここまできたら具体的な指示だけでは足りない.
各奏者別の臨機応変な判断が必要.
そこから出てきたのが

”空気読んで”

だった.
練習中に何回出てきただろうか.
曲の要所はこれまでの練習である程度おさえている.
あと一歩仕上がりを進めるには,曲の流れを読んで,判断すべしと.
丸投げに近い対処だが,集中力を引き起こす効果もあったと思う.
(本番直前なので集中しやすかった,ということもあるだろうが)

アンサンブルの練習を終え,楽団の練習に向かう.
練習では初見合奏がほとんどで,後半にはやや疲れ.
そのまま本番.

久しぶりに本番で軽く緊張した.
ここ2年ほど緊張しなくなってきたのに,少人数だと緊張するのかな?
それとも

空気読みすぎで互いの緊張を読みんでしまった.

のかな….

演奏はミスやら想定外の出来事やら,色々と発生.
それでも守りに入らず攻めきった演奏だったと思う.
演奏のクオリティは必ずしも高くなかった.
しかし久しぶりのアンサンブル練習や,本番の緊張から得たものは多い.
何より,つたない演奏ながらも,演奏終のみんなの拍手が嬉しかった!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zikkennote.blog4.fc2.com/tb.php/527-1418aaaa
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。