ハカセの実験ノート
ハカセが日々のできごとを記録しているブログです. たまにサイエンスな内容を書いたり,たまにどうでもいい話をしたり.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
次へ
遅ればせながら,週末に本番終了.
無事に良い結果を得られたので,次に繋がった.
団員の皆さん,お疲れ様でした!!

ちょうど一ヶ月前の本番,楽団に突きつけられた現実.
団員の多くが不安を口にする中での練習が続く.
限られた時間で戦略的に,そして必死に.
しかし練習後に感じる一進一退の感覚と焦り.

迎えた本番の朝,最後の通し合奏.
指揮者からの野心的な一言.
会場への移動,そして本番直前.
一ヶ月間の成果は果たして…?

いざ舞台に乗って本番が始まると,気が楽になる.
残響で演奏が難しいと言われるホール.
それでも練習で培った感覚が,演奏を支えてくれる.
本番のテンションと残響も楽しめた.

そして,一番良い結果を得られた.
今回は”練習が結果に繋がる”典型的なパターンだ.
技術,選曲など問題点が指摘されている今回の本番.
でも見方を変えれば,
”がむしゃらな練習をする機会”
だったのではないだろうか.
現状維持を考えた時点で,レベルは落ちてしまう.
落とすまいと,そしてさらに高めようと挑戦する姿勢.
楽団の隠れた一面を見た気がする.

今回はあくまで通過点.
次の本番までに,高みを目指す!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zikkennote.blog4.fc2.com/tb.php/522-03a5ac5f
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。