ハカセの実験ノート
ハカセが日々のできごとを記録しているブログです. たまにサイエンスな内容を書いたり,たまにどうでもいい話をしたり.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ハカセの研究つらつらと
ここ最近のハカセが考えていることなど.
長文の予感がするので,続きは別枠で.

年が明けて2007年.
ハカセの博士課程卒業予定が2008年春.
ということは,ハカセが研究できるのは残り1年と少ししかない.
1年と少し”も”ではなくて,1年と少し”しか”と書く.
これは焦りがじわじわときてるからだろうな.

ハカセは修士から博士になった時,研究テーマを切り替えた.
したがって,修士までやってきた内容はほとんど反映されていない.
一方,同じテーマのまま博士課程に進んだ同期がいる.
彼は修士の研究をベースとして確実に結果を出し,論文にまとめている.

条件が違うことを理由にはしたくないが,
”この差を埋めないといけない”
という焦り.
去年の秋頃にハカセの実験装置は完成.
着々と実験はしているし,研究も進めている.
それでも十分まとまった成果になっていない.
妙な焦り.

焦りを和らげるためここ数日,実験計画を立ててみた.
実験結果を想像しているうちにだんだんと妄想に変わり,
 ”あ,意外と何とかなるかもな”
なんて思ってしまうハカセ.

と言っても,次の日になると
 ”やっぱり大変かも…”
と元通りだが.

卒業が近づいてきたということは,ハカセの将来も考えるということ.
大学を含めた研究機関,あるいは企業の研究部門.
どういう道を進むか,ハカセ自身が見て,聞いて,判断する時期が近い.

職を見つける難しさでは,研究者と芸術家に大差は無いように感じる.
どちらも志望数に対して募集枠が少なく,競争率が高くなる.

ここまで散々書いて,思った.
研究も将来も考えてばかりじゃないか.
机上の空論.
研究者がやってはならないことだ.
1ヶ月くらい何も考えずにがむしゃらに研究してみるべきか?

収拾が付かないので,今回は一旦ここで区切ろう.
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
妄想力、礼賛!!
いっぱいいっぱい妄想しなされ。
だいじょうぶ、妄想に溺れるタイプの人にこうは言いません。
ハカセはちゃんと戻って来られる人だからオススメします。
ちなみにわたしは、たまに溺れそうになってゼイゼイしながら引き返したりするおバカです(^^;
2007/01/15(月) 17:42:03 | URL | どっこいしょ #-[ 編集]
今日は想像
してました( ̄▽ ̄;)
妄想すると,そこで満足してしまうことがあるので,要注意なのです.
そこから行動に繋げられるかどうか.
妄想→想像→行動
ができればなぁ,と思ってます.
2007/01/16(火) 00:26:17 | URL | ハカセ #Ol1eGJ4Y[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zikkennote.blog4.fc2.com/tb.php/441-105edd07
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。