ハカセの実験ノート
ハカセが日々のできごとを記録しているブログです. たまにサイエンスな内容を書いたり,たまにどうでもいい話をしたり.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ミステリィ
先日,ハカセの同期が薦めてくれた本.
 
すべてがFになる (森博嗣)



お,面白い!

密室殺人のミステリィを解決していく物語.
工学部の大学助教授とその学生が主人公.
ストーリーと密室殺人のトリックがかなり面白い.

しかしそれ以上に面白いのが,物語の各所に出てくる理系テイスト
 ”そうそう!ハカセもこう考えるよ!!”
とか,
 ”ここでこういう表現を使うのか!?”
など.
研究で考察をする時の思考過程.
ディスカッションで使うような専門用語.
論文のような形式ばった表現.

さっきは理系テイストと書いたけど,むしろ研究テイストかな.
研究をやってる人は,思わずニヤリとしてしまう部分が多数.
主人公の考え方に対しても,ハカセはすごく納得.
この前の連休中,ニタニタしながら一気に読んでしまった.
まともに読書なんてしたのは5,6年ぶりだぞ!

何でこの作者を知らなかったかなぁ.
不覚だ….
そんなわけで,シリーズを買い集め始めたよ.
最近は本を読みながらニタニタしっぱなし.
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zikkennote.blog4.fc2.com/tb.php/351-a61f8b0c
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。