ハカセの実験ノート
ハカセが日々のできごとを記録しているブログです. たまにサイエンスな内容を書いたり,たまにどうでもいい話をしたり.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
2007年総括
ありがちな表現だけど,あっという間の2007年だった.

・1~3月
新年早々学会の申込をしたり.
春先にはスウェーデンの先生が来日されたり.
特に3月は英語漬け.
わたわたと過ぎた印象.

・4~6月
実はこの頃から,研究室で一人部屋状態.
ハカセの居る研究室はメインの部屋と,ドクターの部屋を使っている.
メインの部屋は学部生と院生が20人程使っている.
一方,ドクターの部屋は卒業してしまったり,他の研究所に行っていたり.
実質部屋に居るのがハカセだけだった.
先生方の部屋より大きいので,なかなか微妙な感じだったよ.

・7~9月
ハカセの職探し開始.
応募先を探し,書類を書き.
なかなか研究に手がつかない.
先行きの不安を感じながら,学生最後の夏休みを終える.

・10~12月
やっと研究に本腰を入れる.
奈良に学会に行ったり,スウェーデンに行ったり.
その間,あれよあれよと進路決定.
結局,運とタイミングなのか?
振り返ってみると,物事っていうのは上手く進むようにできていると痛感.

来年春にはハカセもついに学生卒業.
大きな変革の年になるだろう.

今年は更新頻度く,しっかりした更新ができなかった.
それでも見続けてくれた皆さんに,感謝.
来年もよろしくお願いいたします.
皆様良いお年を!
スポンサーサイト
12月31日,快晴
2007年最後の日も11時起床.
この一年を象徴している朝だ….

午後からドライブがてらのお出かけ.
その時に撮った写真.
071231_home.jpg
爽快な景色.
その代わりものっすごい強風,ものっすごい寒い.

出かけた先で撮った夕焼け.
071231_sunset.jpg
これが今年最後の夕焼け.
今年は何枚も夕焼けの写真を撮ったなぁ.
綺麗な夕焼け,来年も見れますように.
12月30日再録
昨日も今日も起床時間が11時ってorz

寝正月ならぬ寝年末なここ数日.
残り少ない2007年をもっと味わうように>ハカセ

昨日30日は,お昼から高校の友達の家へ.
高校の時の吹奏楽部メンバーだけで5,6人が集合.
鍋を囲んでの忘年会だった.

同期だった女の子は結婚して,既に1歳の子供も居る.
てけてけてけっと歩いてきて,後ろから”だぁ”って.
ハカセも含めて男女問みんな,子供にメロメロにだった.

鍋の後は少人数でボウリングへ.
帰省した時に行くボウリング場は相変わらずの寂れっぷり.
まわりに競合店が無いかからだが,すさまじいボロさ….
久しぶりのボウリングながら,スコア150を出す.
更新している今,右腕にやや鈍痛あり.
多分,2007年の筋肉痛納めだな.
12月30日
明日〆切の学会申込.
しっくりくる英語タイトルが思い浮かばない….
さらにタイトルに関して先生からのコメントも必要.
31日に先生にメールを送るというのもマズいなぁ….


年賀状の作成はさっき終了.
あえて時流の乗らずにプリントゴッコで頑張る.
仕上げが荒めになってしまうのも味わいということでご容赦を.


年末から年始は強い寒波が到来.
明日からハカセの実家近辺も雪になる可能性大.
いざとなればチェーンを巻いてでかけねば.
年末備忘録
今年も残りあとわずか.
やることはまだまだ盛りだくさん.

・年賀状作成
まさに今,ブログを書きながらプリンターで宛名の印刷中.
明日投函したとしても,1日配達は厳しいか….

・学会参加申込
12月31日が申し込み〆切.
英語のタイトルを考えて,簡単な研究紹介も書かねば.

・年始の挨拶
お正月は岐阜に住む祖母の家へ.
お土産などを持っていくことを忘れないように.

・論文執筆
何気にまだまだ終わらない,終われない曲者.
内容量倍増計画を発動しないといけない.

・忘年会etc
いきなり忘年会や食事会の予定が入ってくる.
どうやら明日も食事会に行くことになりそう.


終わりよければ全て良し.
2007年を締めくくれるよう,年末の予定はしっかりこなしたい.
ご指摘
学位取得に向けて,ハカセ学位論文を書いているところ.
審査員の先生方に見ていただき,コメントやアドバイスを頂く.
そして1月末の〆切までに修正して最終提出.
今日も先生に見ていただいたのだが,その時のコメント.


”実験データが少ないね”


困った…orz
学位論文は100ページ超えが暗黙の了解.
量より質,と言いたいところ.
しかし博士の学位を取得するためには,量と質なのだろう.
学位を得るにふさわしい実験量と,研究の質.

論文に載せるデータを削りすぎたのかもしれない.
再度,実験データと実験ノートを見直して,論文をまとめ直さねば.
ご報告
今年も残すところあと僅か.
あと一週間もしないうちに2007年から2008年へ.
2007年はあっという間に過ぎてしまった感がある.
そんな中,2008年春からのハカセの進路が決まった.


4月からハカセは大学の助教になります.

助教というのは昔で言う助手のこと.
最近になって名称が変わったのだ.

進路が決まってきたのはこの頃とかこの頃
複数応募していたので,悩みどころもあった.

夏の応募書類作成から秋の面接まで.
これも振り返ればあっという間だった.
今回の採用,夏に苦労して準備したこともあるが,運が大きい.
なるようにしてなったのだ,と思っている.

就職活動はゴールイン.
しかし同時に新しいスタートラインに立ったところ.
正直,まだ実感は無い.
今は大学で学ぶ立場なのに,数ヶ月後には大学で教える側に…!?
採用されておきながら,想像ができない.

まだまだ至らないことが多い,助教という大学教員の卵.
4月から大変だろうが,しっかりとした研究と教育活動をしたいと思う.
修羅場
先週の金曜日がヤマだった….

学位論文の審査のため,論文と発表用パワーポイントの作成.
10月頃から少しずつ書いていたが,なかなかペースが上がらず.
2週間前くらいから本格的に取り組み始める.
そして1週間前くらいに,
このペースでは終わらないんじゃないか…?
という嫌な汗をかいた.
何年ぶりだろうか,この”間に合わないかもしれない”という恐怖感.
常にピリピリした雰囲気を出しているのが,ハカセ自身でも感じる.

おかげでAM2:00とか3:00まで大学でパソコンとにらめっこ.
水曜日くらいに論文の構成を入れ替えるとか,冒険しすぎ.
そして先生から土壇場で新しい課題が出されて….
これでまとまるのかという不安.

ところが急に閃き.
天啓ともいうべき閃きっぷり.
先生からの新しい課題が,新しい結果へと一気に発展.
最近は集中して考えてたから閃きやすかったのかもしれないが,驚いた.

これまでの結果,新しい結果,まとまってない結果etc...
頭の中がカオスになりながらも,金曜日の発表直前に論文完成.
パワーポイントも完成.
発表は練習無しのぶっつけ本番.
ややぐだぐだになりながらも,発表終了.
審査も無事終了.

修羅場も何とか乗り切り!
お疲れ様でした!!







と言いたいところだが,これはまだ第一回目の審査orz
あと2回審査があるので….
パソコン環境改善計画
論文執筆に追われる日々.
その論文執筆に欠かせないのがパソコンだ.
作業が慌しくなってきたので,パソコン環境の改善に投資している.

まず外付けHDD.

071031_hdd.jpg


500GBのHDD4台で合計2TB

個人レベルでもテラバイトが実現できるのだなぁ,と感慨深い.
以前書いた高速度カメラ
これが一回の実験で1~2GBのデータになる.
大量の実験データをスムーズに保管するための大容量HDDだ.

次の計画はパソコンのディスプレイ.

19インチ液晶ディスプレイ2台でデュアルディスプレイ化

論文を書く時,データを見ながら文章を書くことが多い.
あっちこっちとウィンドウを切り替える.
作業効率がなかなか上がらない.
そこでディスプレイを2台使用して,例えば
・ディスプレイ1はWord
・ディスプレイ2はExcel
という使い方をすると,左右の画面を見比べながら作業ができる.
作業効率が30%高まる,とも言われている.
ちょうど大学生協でセール中.
この機会を逃さず,パソコン環境を改善するぞ!
バイブル
先日スウェーデンに行った時のこと.

研究室の棚に置かれたハードカバーの古い本.
”これは何の本?”
と聞いたら,研究室の教授の学位論文だと教えてくれた.
学位論文というのは,博士になるための論文.
この学位論文を申請して,審査を通れば学位取得,博士になれる.
それぐらい重要な論文なので,ハードカバーで製本されることが多い.
そして,さらに教えてくれたことがあった.


その学位論文はバイブルと呼ばれているんだ


今教授の先生が,博士課程で学生だった時に書いた論文.
20年は経っているだろう.
それが今なお研究の手本とされているのだ.

確かにその先生は流体力学の分野では大御所.
世界の流体力学を支えているといっても過言ではない.
ハカセの拙い研究発表に対しても,鋭いコメントをして頂けた.
思い返してみてれば,貴重な機会だったと改めて感じる.

そして今,まさにハカセ自身が学位論文を書いているところ.
博士課程に入って,この2年半近く取り組んできた研究.
まとめると100ページには達するだろう.
バイブルになるのか.
ただの紙くずになるのか.

今は目の前の論文を仕上げることが目標.
後世に恥じぬ学位論文として.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。