ハカセの実験ノート
ハカセが日々のできごとを記録しているブログです. たまにサイエンスな内容を書いたり,たまにどうでもいい話をしたり.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
F2戦闘機
今朝,県営名古屋空港でF2戦闘機が離陸を失敗し,墜落.
怪我をしつつもパイロットは自力で脱出したとのこと.
つい先日の無重力実験を行ったのがまさにここ.

実験の準備をする施設が自衛隊基地のすぐ隣にある.
だから戦闘機が目の前の格納庫から出てきたりする.
もちろん写真撮影は厳禁だ.
(知らずに撮影して身柄を拘束された人も居るらしい…)
その中にF2戦闘機も何機かあったから,今回の出来事は非常に近く感じる.
なぜなら問題の機体をハカセも実際見たのかもしれない.

実験の合間,格納庫から出てきた戦闘機を見ていた.
滑走路に行くまでの確認事項がものすごく多い.
エンジンはもちろん,翼も車輪も,かなりの時間をかけてチェックする.
それでも今回のような事故が起こってしまう.

幸いにもパイロットは無事で,機体も残っている.
滑走路の監視カメラが捉えた映像もある.
まさに墜落の瞬間を捉えた,衝撃的な映像だった.
今後の原因究明で,次への対策に繋げて欲しい.
スポンサーサイト
奈良その3(発表)
学会二日目,ハカセの発表の日.
前夜の夜更かしのせいか,朝起きるのに一苦労.
朝食後に片道2キロをてくてく歩き,会場へ向かう.

午前中の発表を聞いて,耳慣らし.
ハカセ自身の発表原稿が気になり,何度も見直す.
お昼ご飯を食べにでかけるも,会場からかなり遠い.
食後に会場に戻るとすぐにハカセが発表するセッション開始.
他の発表を聞きながらぐるっと会場を見渡す.

いつになく大御所の先生が多い.

先日の面接ともまた異なる緊張感.
心臓がバクバクしながら壇上へ上がり,発表を始めたら

原稿の内容がふっ飛んだ.

全て飛んだわけではないが,半分くらい消失.
残った半分を頼りに,めちゃくちゃな文法で発表.
後半になってから立て直しに成功した.

つたない発表に続いて,質疑応答.
一気に数人が挙手してびっくり!
肯定的質問から否定的質問まで色々と.
それでも分かりにくい英語発表でこれだけ質問してもらえるとは!

ところが多数の質問のおかげで質問者同士で議論が白熱.
発表者のハカセを差し置いて会場側で議論に.
置いていかれないように食いつくのに一苦労だ….

いずれにせよ興味持っていただけたのは嬉しい限り.
今後の研究の方向性だけでなく,モチベーションも高まる.
大学に戻ったら今回の質問に対応できる実験をするぞ!
奈良その2(学会初日)
月曜日は学会の受付とウェルカムパーティー.
火曜日が学会の初日になる.
学会会場の様子.
071024_publichall.jpg
何ともスケールが大きい.
そして会場内の様子.
071023_nogakudou.jpg
能の舞台があるのだ.
舞台上は土足厳禁で,特別講演の発表者はスリッパに履き替えていた.
さすがに一般の発表には使わず,別の会議室にて行われる.

この日は修士1年と修士2年の後輩二人が発表.
M2の後輩は国際学会3回目.
一方のM1の後輩は初の学会発表なのに国際学会という….
発表は難なくこなしたものの,質疑応答で一苦労.
”学会は発表練習の場ではないよ”
と他の先生からチクリと刺されてしまったけど.
それでも修士で学会で英語発表するんだから,大したもの.

発表の後はみんなで晩御飯へ.
飲み屋で相当注文したのに,清算すると想像以上に安い.
これが奈良プライス!?
驚きながらもホテルへ戻る.
翌日がハカセの発表日なので,発表の準備と練習をしないといけない.
英語の練習は眠気と戦いでもある….
少しだけ発表の練習をして,就寝.
果たして発表はどう出るか!?
奈良その1(移動)
国際学会を国内で.
日本に居るのに外国人が大勢いる違和感.
2年前の松島での学会も同じ感じだったなぁ.
(松島Vol.1松島Vol.2)
今回は奈良にて国際学会に参加です.

お昼前に出発の予定が,昼過ぎにずれ込む.
大学で後輩のポスター印刷を補助するのに一苦労したため.
ばたばたと新幹線に乗り,まず京都へ.
そして京都から奈良線経由で奈良へ.
奈良線の電車の少なさに驚愕….
多分途中が単線になってるからだろう.
途中駅には”みんなで乗って複線化”の看板が.

奈良に到着したのは既にウェルカムパーティーが開始している時間.
ホテルに荷物を置いた後に会場に向かう.
受付を済ませてパーティー会場に入ると,
食べ物が全然残っていませんorz
結局それから30分ほどでパーティーも終了.
ホテル近くの定食屋で食べ足すことに.

今はホテルの部屋に戻って休憩中.
ハカセの発表は明後日.
まだ発表のパワーポイントも原稿も修正と練習が必要な段階.

全体的に今回の学会はどうも緊張感が薄い.
今朝は出発の時にデジカメが見つからなかったし….
準備への油断が心配.
ブログを更新して気分転換した後,発表練習をしよう.
面接
一昨日の話.
夕方から大学公募の面接へ.
いくつか応募したけど,面接は今回が初めて.
久しぶりの緊張感.
そういえば最近は学会発表でも演奏会でも緊張してないな.
慣れればどうということはないのだけど.

面接ではハカセの今の研究内容と今後の研究計画を発表する.
今の研究内容の発表は簡単.
学会発表と同じようにスラスラと発表できた.

むしろ今回の面接のポイントは,今後の研究計画について.
研究計画は
”採用されたら必ず実施するというわけではない”
と前もって言われていた.
つまり研究をするかしないかではなく,ハカセの発想力が問われている.
応募先は今の研究とはかけはなれた分野なので,アイデアを出すのも一苦労だった.
こちらの発表はややハッタリも混ぜつつ,気合で押し切った.
(捏造という意味ではないですよ!念のため)

発表の後は質疑応答.
さすが面接担当者は研究専門職.
しかも質疑応答が30分もあるから攻める攻める….
アイデアの怪しい部分に対して厳しい指摘や質問が多々.
ハカセの回答も,いくつかボロが出てしまった.
冷や汗な場面の連続.
そのような中でも,アイデアを何通りか考えてきたことは評価していただけたようだ.
今日はかなり寒い日だったのに,面接が終わったら額に汗びっしょりに.

自己採点するなら,発表75点,質疑65点というところかな.
あとは結果を待つ!
そしてもう一つの応募先への準備を進める!!
ちょっと朗報,ちょっと緊張
ちょっと朗報.

以前に投稿した論文の査読が返ってきた.
査読というのは,
 ”論文に掲載できるかどうかの審査員(査読者)チェック”
だ.

今回の結果は,基本的に掲載可,とのこと.
若干の手直しと査読者の質問に回答せよ,という条件付き.
ひとまずリジェクト(掲載拒否)という最悪の結果は回避!
これで掲載された投稿論文が,卒業に必要な合計2本になる見込み.
学位取得への必要事項は揃ってきた.
あとは肝心の本論文と発表の準備だ・

ちょっと緊張.

先週の水曜日体を張った無重力体験のため,やや緊張.
今週の火曜日は大学公募の面接のため,緊張.
どうにも不安は拭い切れない.

面接ではこれまでの研究と今後の研究計画を発表する.
この今後の研究に関するアイデアが難しい.
2,3週間ほど悩んだが,簡単には思い付かない.
最近になって少しは閃いたが,果たして.

今月の踏ん張りどころ4つ中の,2つ目.
乗り切る!
無重力体験
ハカセ,無重力を体験してきました.

実験場所は名古屋空港.
実験はダイアモンドエアサービスという会社の協力を得る.
無重力飛行や,その他特殊な航空業務を行っている会社.

無重力,厳密には微小重力というのだけど.
これは飛行機を使ったパラボリックフライトという方法で体験できる.
無重力を作る原理
ボールを投げる要領で,飛行機を上昇させてから降下.
弾道飛行の最中に微小重力になる.
だから飛行機の上昇中にはまず2G(地上の2倍の重力)になる.
それから一気に微小重力の0Gへと変化する.
時間の制約があるので,1回のフライトで8回くらいのパラボリックフライトができる.
(あとは体力的な問題もあるのかな?)

071009_mu300.jpg
実験に使った小型飛行機,MU-300.
名古屋空港を飛び立ち,実験空域まで緊張の30分.
空域に到着すると,すぐに実験開始.
まず2Gの世界に突入する.

この2G,”たかだか重力の2倍”と思っていたのが間違いだったorz
ものすごい力!
体中が重い.
重い荷物を背負っている感覚とも違う.
体中がまんべんなく重い.
さらに血液が足元に下がって,脳に血が行かない感覚.
気合を入れないと呼吸もできない.
”くる…し…い……”
と我慢すること約10秒,次は一気に0Gへ突入.


”うお…”


三半規管が体験したことのない領域に突入したため,体がびっくり.
落ちる,という感覚のさらに先を行く感じだ.
”え!?え!?!?そんなとこまでいくの!!”
という体の反応を感じる.
0Gの時間は15秒程度.
さすがに初回はびっくりやら緊張やらで終了.

2回目からは簡単な実験をしてみた.
071010_parabolic.jpg
宙に浮くペットボトル.
中に入れておいた水がプルンプルンしてる!
すごいすごい!!
(ちなみにメインの実験はもう一人が担当.ハカセはアシストだけだったので,こういう実験ができた)

飛んでいかないように紐を付けることが義務付けられている.
ちなみに青い紙はエチケット袋.
人によっては激しく酔うらしい….

慣れてくると2Gも0Gも楽しい.
楽しいけどそうそう経験できることではない.
だから0Gの感覚をしっかり三半規管に焼き付けた.

そうしているうちに実験終了.
メインの実験も成功.
ハカセの水入りペットボトルについても色々な動画を撮影できた.

帰還して,ミーティングに参加.
それから控え室で一息つこうとしたら頭がふらふらする.
緊張が緩んだのか,急にめまいがきたようだ.

というわけで,ハカセの体を張った初無重力体験は無事終了.
想像とは違ってものすごく楽しめた経験だった.
この日は夜まで興奮してたし!
もしまた実験の機会があれば乗ってみたい!!
予定
・10月第1週目
あっという間に過ぎてしまったorz

・10月第2週目
無重力環境で実験してきます.
ハカセにとって前代未聞の体を張った実験.
緊張….
(ダイアモンドエアサービス)

・10月第3週目
夏にいくつか申請した大学の公募.
そのうち一つが書類審査を通過,面接がある.
ハカセの今までの研究と今後の研究計画を発表する.
パワーポイントを作らねば….

・10月第4週目
学会で奈良へ.
英語発表再び.

・10月第5週目
ハカセが博士を得るための審査がスタート.
いわゆる予備審査.
これも申請書類とパワーポイントを作らないと.


何という10月の密度.
ものすごい濃度だ.
あちゃー
9月の二桁更新ならず….
しまったなぁ.
ブログに書くことは色々あるのだけど,すぱっと文章にまとまらない.

ブログに書きたい内容

要点を簡潔に整理

文章化

この流れをもっとスムーズにできるようにしたい.


先日購入したヱヴァンゲリヲンのサントラ.
予想通り,BGMとしてヘビーローテーションになってる.
特に戦闘シーンの曲が良い.
作業がはかどる”気がする”から.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。