ハカセの実験ノート
ハカセが日々のできごとを記録しているブログです. たまにサイエンスな内容を書いたり,たまにどうでもいい話をしたり.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
当面の備忘録(追加)
・レーザ設置の準備.
・先生と進路相談.

こりゃ備忘録が増える一方だな.
スポンサーサイト
気象病
空梅雨ではないけど,毎日シトシト降るわけでもなく.
とにかく湿度が高いここ最近.
汗をかいても全然熱を奪ってくれない….
ハカセの体調も本調子ではない様子.
先週はバタバタしてたしなぁ.

先日のニュースで”気象病”という話を取り上げていた.

梅雨時には、曇りや雨でジトジト蒸す日、真夏のように暑い晴天、『梅雨寒』と呼ばれるヒンヤリとした風が吹く肌寒い日、が代わる代わる現れます。
このとき起こる気温や湿度の変化により、人間が持つ体調維持のリズムが崩れやすくなるんです。
特に、暑さに馴れた後に来る梅雨寒は、風邪を招く要因となりがちですね。

(R25より抜粋)

なるほどね.
夏日のような日もあれば,ひんやりシトシト雨の日もあったな.
しっかり養生しよっと.
当面の備忘録
・論文チェックを先生に依頼.
・博士論文の執筆開始.
・これまでの実験結果を補足するための追加実験.
・実験用の備品選定と発注.
・大学公募のチェック.

書いてみると色々あるな….
着実に終わらせていこう.
戦術,戦略,とりあえず
ハカセの研究室では先生が嫌う禁句.
それが ”とりあえず” と ”一応” の二つ.
禁句なのにはちゃんと理由があってのこと.

研究,あるいは研究に限らず何かをする時.
戦術と戦略が非常に重要になる.
どちらも似たような言葉だけど,大きな違いがある.

戦術:戦いに勝つための個々の具体的な方法
戦略: 戦争に勝つための総合的・長期的な計略

まず何かをするには戦略を立てないといけない.
そして戦略を進めるために戦術を用いる.
だから戦略を誤ると,どんなに高度な戦術も意味が無い
研究だと方向性が戦略で,実験手法が戦術に相当する.
方向性を誤ったまま進めても,ウン千万円の投資が無駄になる.

例えば会議で判断に困った時,”とりあえずやってみましょう”という人.
その”とりあえず”というのは何?
とりあえずやれば状況は打破されるのか?
根拠のあることをしないと時間を無駄にするばかりでは?

この”とりあえず”や”一応”という言葉,戦略の無さが表れやすい.
”とりあえずやってみました”
というのは,
”よく考えないままやりました”
と言っているのと同じ.
時間と労力が無駄になっている場合が多い.

そういうわけで,ハカセも研究室に入ってからこの禁句は使わなくなった.
最初は意識していたけど,今はもう癖.
この二つの言葉を使わないようにすると,自分の作業に責任を感じる.
とりあえずでも一応でもなく,
ちゃんと考えてやっているんだ,と.

自分自身を含め,周りから聞こえてくる”とりあえず”.
その”とりあえずやった”結果はどうなっているのだろう?


自分がやっていること,”とりあえず”を使わずに説明できるだろうか?



ちなみに,飲み会での”とりあえずビール”は良い使い方.
なぜなら飲み会ではお酒を飲む,という方向性がある.
だからお酒の中から”とりあえず”ビールを選ぶ,ということ.
土曜日
土日といえど,研究室には意外と学生が来る.
でもハカセは週末や休日に研究室には行かない.
オンとオフを明確にしたいから.
そしてしっかり頭を休める日を取りたいから.

それでも今日,ハカセは珍しくお昼から研究室へ行った.
最近取り組んでいる論文を先生にチェックしていただくため.
今回ばかりは急ぎなので,土曜日といえども研究室へ.

先生は土曜日でも基本的に大学に来られている.
 ”土曜日だとじっくり考え事ができるから”
と以前聞いたことがある.
ハカセの先生に限らない.
大半の大学の先生は土日関係無く仕事をしている.
趣味と仕事が一緒のようなものだから.
そして雑用が多すぎて週末も作業をしないといけないから.

アカデミックな分野では平日と休日を上手く取るのは難しい.
スウェーデンではみんな上手に休暇を取ってたな.
土日をもっともっと有意義に使いたい.
8割
どうにかこうにか論文完成のメドが立った!

本当は一昨日には仕上げるつもりで,怒涛の論文執筆.
そして昨日,先生と相談したところ,論文の中間部分にかなり変更点が….

それを今日まとめなおして,夕方にはほぼ完成.
シミュレーション結果と考察の追加が大変だった.
あとは先生との最終チェックのみ!

といっても,この最終チェックが一番の難関だな.
色々と無理をして執筆したし,妥協せずにいい論文に仕上げたい.
論文追い込み
投稿論文の仕上げ中.
こんな時間だけど,まだ大学.
本当は先週の木曜日には仕上げるつもり.
後から後から書く内容が増えてしまい,今日に至る….

070620_paper.jpg


長期的に取り組んでいる研究の中から抜粋して,論文を書く.
どこまでの結果を載せるか,という区切りが難しい.
”これを書くならあれも書かないといけない”
という連鎖が起こるので.

学会発表は場数を踏んでるハカセ.
でも実は論文の投稿は少なく,得意な方ではない.
早く論文を出さないとハカセの卒業に差し障る.
投稿論文の数も卒業の基準になるので.

明日中にケリをつける!
決める力
お昼御飯に食べるものから進路まで.
決めることは色々.
最近のハカセはこのあたりに敏感だ.

元来,ハカセは決め事,特に”即決する事”が苦手.
例えばAとBの選択肢があって,スパッとAを選んだとする.
すると
 ”Bにすれば良かったかな…?”
 ”もしかしたらBの方が結果が良かったかも…”
という具合になる.
ハカセ自身が決めたことに自信が持てない.

だからいつもぎりぎりまで迷うし,悩むし.
集められる情報は集めて,聞ける意見は聞く.
やる事をやり尽くし,総合的な判断として,決める.

だけどあと一つ,決める時に重要な要素があると思う.

直感.

当てずっぽうのことではない.
経験を積んだ上で,本能が決めること.
経験を元に,無意識のうちに先を予測し,選択する.
これがハカセの苦手な能力なんだろうな.
直感力,といったところか.


決定力を得るために,情報収集力と直感力が必要だと思う.
そんな今日この頃.
もっと磨いていかないとな.


さてと,明日のお昼御飯はおいしいものを食べたいな.
意思,決断
研究室の修士2年生,全員の就職先が決まったらしい.
春先は切羽詰ってたけど,みんな落ち着いた顔をしている.


進路についてはハカセもそろそろ決め所だ.
大学にポストを見つけるか,企業に就職するか.
ここしばらく,悶々と考えつづけてた.
そして今日,決めた.


大学で研究する道をとことん行ったろうやないか.


決めたというより,声に出した.
親と先生に伝えた.
声に出して言ったら,不思議とすっきりした.

声に出したら,情報を集めないと!動かないと!という衝動にかられた.
”研究する道”と書いたけど,そもそも道なんてあるのだろうか?
多分,ここから先はハカセ自身が道を作るところだ.
道の作り方を知って,今から道を作っていくのだ!
やると決めたら,方向を決めたら,あとは前へ進むのみ.

ハカセの実験ノート,ここからが本領発揮かもしれない.
論文だ実験だ就活だ
タイトルどおりで,やることは一杯.
モチベーションはぼちぼち.

論文はさっさと書かないとまずいな.
なかなか筆が進まないのは,文章の細部にこだわり過ぎ.
一文書いて,どうも気に入らなくてウンウン考える.
まずは適当にずばばっと書く勢いが必要だな.

先生方が連名応募した予算申請が通ったらしい.
”君の実験で必要なものがあれば,何か買っても良いよ”
とのこと!

予算の話が来たら
これが必要なんですよ!
とスパッと返事できることが大切.

早速,具体的な価格を調査.
明日も業者さんに電話攻撃だな.

就活もぼちぼちと.
今のハカセの就活というのは,大学も会社も両方視野に.
会社は一社だけエントリー,大学は公募を調べているところ.
公募は夏がピークなので,ここからが踏ん張りどころだ.
履歴書の準備もしておかないとな.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。