ハカセの実験ノート
ハカセが日々のできごとを記録しているブログです. たまにサイエンスな内容を書いたり,たまにどうでもいい話をしたり.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
たまにはまじめに
思ったことでも書いてみる.
アメリカに行って”むむっ”と感じたこと.


”10年後,50年後の世界はどうなるのか?”

アメリカはすごい国だった.
ガソリンは日本の半額で,食べ物はSサイズで満腹になる.
それだけ資源が豊富にある証拠なのだろう.
しかし”資源が豊富→大量消費”というの図式はどうなんだ?

安価に資源が手に入るから,それけ手軽に消費できる.
しかし消費した先は?
ゴミ,廃棄物,CO2,汚染物質,etc…

ハカセの目に留まっただけでも相当な物が,エネルギーが動いてた.
アメリカの消費量に驚いた.
だが,視点を変えて発展途上国から見たら?
きっと日本も同じような国なのかもしれない.

消費しないと維持できない世界.
前から思ってはいたけど,現実としてはっきり認識させられた.
自転車のように走り続けないといけないのだろうか.

研究に携わる者として,何かできないか?
残念だけど,ハカセの研究が役立つのは相当先の話.
いや,もしかしたら役に立たないかもしれないけど….
それでも何かできないか?と思った.

これが今回のアメリカ渡航で得た経験,かな.
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。