ハカセの実験ノート
ハカセが日々のできごとを記録しているブログです. たまにサイエンスな内容を書いたり,たまにどうでもいい話をしたり.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
オーストラリアVol.4
(ハカセは既に帰国してますが,話の流れ上まだオーストラリアの内容で)

学会も終わって,本格的な観光モード.
朝ご飯も食べ終え,さてどう観光しようか考える.
が,別の部屋で宿泊していた助手が突然やってきて,

 ”今暇か!or 暇じゃないか!”

!?
状況を理解しないまま
 ”まぁ,今は暇といえば暇かも…”
と返事をしたら,
 ”10分で準備して玄関に出てくるように!”
とのこと.
訳もわからず準備をして玄関に行くと,そこにはレンタカーが.

 ”じゃあ,これからブルーマウンテンに行くぞー”

それを先に言ってー!!

電○少年的というか何というか.
テレビ番組でいきなり連れて行かれる芸能人の気持ち,少し分かった気がするよ….

そんなわけで,車に揺られること1時間半.
シドニーから高速に乗るが,ずっとサバンナのような景色が続く.
目的地付近になったら,突然山岳地帯になった.
で,ブルーマウンテンに着いた.

060818_bluemountain1.jpg


スケールでかすぎ

どう写真に収めようとしても,収まりきらないスケールの大きさ.
これだけ広大な景色を見たのは,生まれて初めてだ.

060818_bluemountain2.jpg

手前に写ってる人と比べて,雄大さが分かってもらえるだろうか….
空気も綺麗だから,とにかく遠くまで見えるのがすごい.

ちなみに,ブル-マウンテンというのは,山々が青く見えるためだとか.
ユーカリの木から油分が蒸発して,青い光だけ透過するらしい.

その後,近くのケーブルカーで谷底へ降りる.
ケーブルカーに乗ったのだが,
060818_cablecar1.jpg

いや,これってジェットコースターだろ.

ありえない線路の曲がり方をしてる.
谷へ”降りる”というより”落ちる”だ.

060818_cablecar2.jpg

本気でありえない急傾斜.
というかシートベルトも無いから,これ本当に落ちるって!!

無事,ケーブルカーから落ちずに谷底へ到着,そして樹海を散策.
日が差し込まないから,ものすごく気温が低い.
歩いてる最中に手がかじかんできたよ.
森の中には石炭の炭鉱跡が.
どうやらさっきのケーブルカーも,元々は石炭を運び出すためのものだったようだ.

ブルーマウンテンでやっとオーストラリアの雄大さを体感.
シドニーの街中だけではオーストラリアは実感できないね.
行くまでの過程がやや強引だったけど.
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。