ハカセの実験ノート
ハカセが日々のできごとを記録しているブログです. たまにサイエンスな内容を書いたり,たまにどうでもいい話をしたり.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
本番,そして次へ
この前の日曜日,演奏会本番終了.
何とか次へ繋がった.
練習でなかなか上手く仕上がらず,どうなるかと危ぶまれた本番.
結果だけ見れば無事に次へ進めたものの,課題は山積みだ.

今年の曲は,例年と違う難しさがいくつかある.

まず曲の内容が分かり易いこと.
そしてこの曲を既に半年以上も練習していること.

普通だと有利なはずだけど,ハカセは逆に厳しい状況だと思ってる.

曲の内容が分かり易いと,練習中にすぐイメージができる.
この辺はこんな感じで吹けばいいかな,とか.
このフレーズはこういう情景かな,とか.
でもすぐイメージができるということは,固定観念に捕らわれている証拠.
曲を深く掘り下げようとした時,固定観念は足かせになり,次の段階へなかなか進めない.

曲を長く練習しているのも,逆に難しい要因.
時間をかければ,ある程度吹けるようになる.
曲への慣れ.
曲に慣れるほど安定した演奏になるが,緊張感が薄れていく.
もちろんこれは演奏者側の油断が原因.
怠慢以外の何ものでもない.
それでも緊張感を維持するというのは,容易ではない.
どうすれば緊張感を維持できるのか.

課題は山積み.
個人から全体のレベルまで,色々.
次の本番までに克服しないと!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。