ハカセの実験ノート
ハカセが日々のできごとを記録しているブログです. たまにサイエンスな内容を書いたり,たまにどうでもいい話をしたり.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
MythBusters
MythBusters(ミスバスターズ)

ディスカバリーチャンネルで放映されている番組だ.
 myth:神話,伝説
 buster(s):壊す人,撲滅する人
なので,日本語訳すると”伝説破壊人”というところか.
番組の内容は,サイエンスに関係する俗説や伝説を検証するというもの.
 ”本当に○○することはできるのか?
ハカセにとって,かなりツボな番組である.
帰国したら,この番組のためだけにケーブルテレビ加入を検討してもいいくらいだ.

このMythBusters,見てると”アメリカだなぁ”と痛感させられる.

 ・実験のスケールがでかい
 ・日本では放映できない過激な実験内容
 ・実験内容がおバカ

今までハカセが見た番組内容を挙げてみると….

・ヘアスプレーのガスで家が爆発するか?
ほんとに家一軒使って実験してた….
ヘアスプレーをプシューッと吹いて,ガスを部屋に充満させ,火花をパチッ.
なかなか上手くいかなくて,どんどんスプレーの本数を増やす.
最終的に見事(?)爆発して,ドアが吹き飛ぶ.
伝説の検証というよりも爆発シーンを撮影したいだけに見える.


・胸ポケットに物を入れておけば,撃たれても大丈夫か?
銃を使った実験が多いのも,いかにもアメリカらしい.
この実験ではハードカバーの本,トランプ,ジッポに22口径ライフルを撃ち込む.
実験の結果,どれも弾は貫通.
撃たれたけどペンダントで助かった,というロマンチック(?)な展開は,現実には無理らしい.

ついでに”車のドア越の銃撃戦は可能か?”という検証.
車に向かって,数人が銃やライフルを乱射.
実験の結果,車のドアは穴だらけ.
これまた映画のようにドアを盾にしても,全然防げないという結論に.


・木製の大砲は作れるか?
歴史考証という,少しは意味のある実験だ.
太い丸太の真ん中に5cmほどの穴を空ける.
まずはテニスボールを入れて試し撃ち.
”ボシュン!”という音とともに,ちゃんと発射された.
次に丸く削った石で本実験,これも見事に発射されていった.

すると
 ”やはり大砲の強度を調べないとMythBustersとはいえない”
とか訳の分からない理由を述べるメンバー.
ありったけの火薬を砲身に詰め込む.
安全のため大砲から離れて,無線点火装置で点火すると


ドッッッカン!!


ちょっと!ちょっと!!
爆発の規模がハンパ無いよっ!!
大砲は,文字通り木端微塵,破片もかなり遠くまで飛散してる.
 ”ちょっと火薬多かったねぇ~”
というのは,若干間違ったコメントな気がする.
やっぱりこの番組は爆発シーンが撮影したいだけに違いない.


危ない実験には興味があるが,普通は我慢するもの.
でもこの番組は,本能に対して素直に危ない実験をしている.
日本だと絶対,絶対に放送できない内容ばかりだ.
これだけ危ない内容で放送禁止にならないからすごい….
(”良い子は真似しないでね”のテロップすら入らないし)

ぶっ飛びな番組だけど,サイエンスのココロをくすぐる何かがある.
MythBustersを見るだけでもネタに事欠かないので,また別途取り上げるかも.
やばい,ちょうどMythBustersの時間だ!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。